現在のページ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ

スタッフブログ

一覧

2014年06月06日

小旅行

小旅行

こんにちは。TOMです。

たまには、小旅行なるものを、やってみました。

城巡りが、ちょっとした趣味の一つになっており、

日本100名城を、巡り巡っております。

今回は、12か所目、13か所目と二つ巡ってきました。

場所は、山梨県甲府市

武田信玄の館と、甲府城です。

城を巡ると、その町の歴史を何となく感じます。

この城で、どういう人間たちが、どういう後世に残る動きをしたのか・・・・

その背景を想像する、ってのも、面白いですね。

また、歩数も、1万歩を余裕で超えておりました。

次は、どこにしようか・・・・と思案している、今日この頃です。

その前に、いついけるんだろう・・・・

画像は、武田信玄の館です。

 

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年06月06日13:48 [記事詳細

2014年06月05日

梅雨入り

こんにちは。TOMです。

とうとう、梅雨がやってきました。

恵みの雨、ありがたや、です。

畑の野菜たちも、本格的に成長してきます。

夏野菜・・・楽しみですね。

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年06月05日14:32 [記事詳細

2014年05月27日

わりと大きな作品が・・・

わりと大きな作品が・・・

こんにちは。TOMです。

ありがたいことに、

我が家は、各部屋に、

花が絶えることはありません。

妻には感謝しておりますが、

昨日、ダイニングに飾ってあった花は、

わりと大きな作品でした。

「おっ!」というと、

「小学校のクラブ活動で残った花を活けた」

とのこと。

そうかあ、今日は、クラブ活動の日だったんだねえ。

そして、この花たちは、

伊東市の健康生活ネットワークの方々が、

学校のクラブ活動や、公共機関への花の生け込みのために

育てた花たちなんです。

買った花がない、つまり、値段は¥0なんですが、

思いの部分は、プライスレス・・・・値段はつけられないものです。

子どもたちも、嬉しそうに花を選んだとのこと。

そのおこぼれですが、ありがたく、眺めている、私なのでした。

 

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年05月27日10:10 [記事詳細

2014年05月14日

芽生え-2-

こんにちは。TOMです。

昨日は、朝、多少の雨・・・

昼から、晴天・・・・

ということは・・・・・

今朝、たくさんの芽生えに会うことができました!

きゅうり

インゲン

枝豆

です。

ググッと、背を伸ばす姿は、なんとも、かわらしいやら、りりしいやら。

七五三を迎える子どもたちが、はかまを着て、凛々しい姿で、ハイ、ポーズ!

という感じに似ているように思えます。

これから、順調に育つべく、見守りつつ、必要な時は手をかけていきます。

夏が楽しみ!

画像は、「続き」をチェックしてください。

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年05月14日11:07 [記事詳細

2014年05月09日

芽生え

芽生え

こんにちは。TOMです。

今朝も早よから、畑の様子を見に行くと・・・・・

画像のように、

発芽を確認しました!

これは。。。。え・・・・と、

ハツカダイコンです。

芽が出ると、嬉しいものです。

さあ、大きくなりなさい!

と声をかけてしまった、朝いちの私でありました。

楽しみ! 楽しみ!

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年05月09日17:50 [記事詳細

2014年05月08日

ゴールデンウイーク!!

こんにちは。TOMです。

皆様、ゴールデンウイークは、いかがお過ごしでしたでしょうか?

あんなこと、こんなこと、そんなことまでも・・・・と楽しまれたことかと思います。

リフレッシュして、仕事を開始された方もいれば、

あと2日、いやあと1日でいいから、休みたい、と思われた方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

で、我が家ですが、毎年恒例の夏野菜の植えつけをしました。

トマト

キュウリ

カボチャ

スイカ

モロヘイヤ

エダマメ

ピーマン

ナス

ハツカダイコン

マリーゴールド

サトイモ

結構、やりましたね。 2日かかっても、まだ圃場整備が終わらない・・・という感じです。

次のお休みも、畑仕事になりそうです。

お蔭さまで、日長二日、汗水たらして、無事終了!

夏が楽しみになります。

思わず、いつもより15分ほど早く起きて、畑を見に行ったりしてしまいます。

「おーー元気かね」と声をかけてしまいます。

いい生活させてもらっています。

そして、庭で満開の「こでまり」や「クレマチス」を見て楽しむ。

贅沢ですねえ。

ありがたいです。

画像は、「続き」を見てください。

では。

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年05月08日15:06 [記事詳細

2014年04月30日

深いねえ -2-

こんにちは。TOMです。

前回、紹介した、とある高校生たちから教えてもらったこと、その2です。

「『感謝する』って、良く言うけど、大事なことだとは思うけど、誰でも口にできるよね」

「そうそう、『感謝しなさい』って、言われるよね。大事なことなんだけど、押しつけっぽいよね」

「どうすれば、自然と、自発的に感謝できるようになると思う?」

「『感謝しなさい』ということにプラスして、『感謝される』体験をすることじゃないかな?」

「そうだよ! 『感謝される』と、なんか照れくさいけど、嬉しいよね。そういう体験積めば、自然と感謝できるようになるかも」

おお・・・・ふ、深い・・・・・

とたいへん勉強になった、というお話です。

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年04月30日12:28 [記事詳細

2014年04月28日

深いねえ。

こんにちは。TOMです。

とある高校生たちから教えてもらったことがありました。

それは、

「『楽しい』って感じるのは、人によってバラバラじゃないか、って思うけど、そうじゃないんじゃないかな?」

ほう。

「『楽しい』っていうのは、自分が何でもいいから行動したことで、人が喜んでくれる。そういうことじゃないかな?」

ふ、深いねえ。

「小学生の頃、合唱団に入っていたけど、私たちの歌声で、多くの人が感動してくれて、大きな拍手をもらったことがあるんだけど、その瞬間って、お客さんも私たちも、楽しかったよね。そういう感覚じゃないかな」

す、すごい!

勉強になります。

そういう環境を作ることが、大事なんだ、と教えてもらったアラフォーの私でありました。

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年04月28日15:43 [記事詳細

2014年04月28日

落花生を育てよう!

こんにちは。TOMです。

土曜日は、とある市内の、とある子どもたちが集まる場所で、

「落花生を育てよう!」というテーマで、プランターに落花生の種まきをしました。

子どもたちは、土に触れられるというので、嬉しそう!

山土に、腐葉土を混ぜる際、上からペンペン叩いて、固くしてしまします。

「手を深く入れて、下から持ち上げて、押さえつけないんだよ」

というと、子どもたちは、さっそく、そのようにしてくれます。

なんだか、いつも触っている土とは、違う感じがする・・・・。

そう思った子どももいたみたいです。

その土をプランターに入れて、

落花生の種を蒔いて、

水をたっぷりあげて、準備完了!

「ねえ、おじさん、いつ頃できるの?」

「いつだと思う」

「明日か、明後日?」

「10月頃だよ」

「えーー、6か月もあるよ!」

「大事に育てるんだよ」

と会話を交わしてみたものの、なかなか作物を育てるなんてのは至難の業。

時々は見に行ってサポートしないと・・・・

10月には子どもたちが、「おいしいねえ」

と笑顔で、食べてくれるといいなあ。

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年04月28日15:25 [記事詳細

2014年04月24日

カラスの会話-2-

カラスの会話-2-

こんにちは。TOMです。

や、や、やられました!

画像のように、ニューサマーオレンジが・・・つつかれています。

ということで、会話をお楽しみください。

 

カラスA 「おい、カメ。 糸がたるんでねえか?」

カラスB 「親方! たるんでいやすよ、絶好のチャンスですぜ」

カラスA 「カメ、じゃあ、先ず、お前から、先に、いただきな!」

カラスB 「あ、あっしからですか? 親方! ありがとうござんす」

カラスA 「いやー、カメには、常日頃、俺についてきてくれてるから、ちょっとしたお礼よ。俺の気持ち、受け取ってくれや」

(心の中では、『カメが引っかかったら、トンズラすればいいのさ』)

カラスB 「親方! あっしみたいなカラスに、心をかけてくれるなんぞ、な、な、泣けてくらあ」

カラスA 「おい、カメ、涙をふいて、気を付けていってきな!」

カラスB 「わかりました! 親方!」

 

ということで、見事に、ほじられてしまいました。

実は、画像はないのですが、被害にあったのは2つ。

もう一つは、地面に転がっていたのですが・・・・

 

カラスB 「親方! うまかったです。 糸にもひっかかりやせんでした! で、親方のために、一つ、落してきやした!」

カラスA 「カメ、こんな俺のために、危険を顧みず取ってきてくれるなんて・・・・俺は、カメに会えてよかったぜ」

カラスB 「親方! そ、そんなことはありやせん。当たり前のことです。さあ、召し上がってくんなさい」

カラスA 「ありがとよ、カメ」

(心の中では、『カメってのは、こういう人情劇に弱いからな。よしよし、うまくいきやがった』)

 

という、会話があったかどうかは、わかりませんが、見事にやられました。

そういう落ちもないお話です。

続きはこちら

投稿者:TOM 日時:2014年04月24日13:48 [記事詳細

美しき家庭へ 健康法natural

お問い合わせフォーム


トップへ戻る